院内勉強会:肩甲骨の働き

2015年5月27日 ,,,

こんにちは。

副院長の川原です 🙂 

 

日中は暑い日が続いているので熱中症には気をつけたいですね。

こまめな水分補給を忘れずにしましょう!!

 

 

5/21に院内勉強会を行いました。

今回のテーマは肩甲骨です。

実はあまり気にしている方は少ないと思いますが、

背骨や骨盤同様に肩甲骨も歪んでいることが多々あります。

例えば、水泳選手や野球選手など肩を多く使う方やデスクワークなどでマウスを使う方などは歪みやすいです 😥 

 

肩甲骨2

 

 肩甲骨の位置や角度が歪んでいると肩こりや運動時に正しい動きが出来ない事もあります。

今回の勉強会では肩甲骨のポディションチェックからその改善方法を皆で学びました。

 

 02     IMG_2058

 

治療に終着点はないので、スタッフ全員で常に、座学・実技共にしっかり学んでいます 😀 

 

肩甲骨単体でも位置関係がずれ、ゆがむ事がありますが、

単体よりも、首・背骨・骨盤などと同時に歪み事が多いです。

 

なので、肩の治療の際には肩甲骨のバランスだけでなく骨格全体のバランスを診る必要があるのです。

 

肩甲骨のストレッチ

セルフケアとし肩甲骨のストレッチがおススメです!!

 

ストレッチ 

 

ストレッチポールなどを使ったストレッチも効果的なのでおススメします。

興味のある方や指導を希望される方はお気軽にご相談下さい。

    ポール

 

 

 

肩のインナーマッスル

 

肩を痛めるとよく 「インナーマッスルが弱い」 からと聞きます。

(肩のインナーマッスルは大まかに肩甲骨についている筋肉の事を言います。)

 

インナーマッスルのトレーニング例です。

人によって必要なトレーニングは異なりますので気をつけましょう!

   インナーマッスル - コピー      インナーマッスル

 インナーマッスルのトレーニングは低負荷でゆっくしと繰り返し行う事が基本です。

 

*インナーマッスルが弱いケースも多々ありますが、必ずしもそうとは限らないので

自己判断でトレーニングは行なわず

適切な指示・指導をさせていただきますので

お気軽にご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

]]>

ページを閉じる

2019年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お問い合わせ

最先端トップアスリートケア
2019年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最先端トップアスリートケア

ページトップへ戻る