体温は大切なんです!!その①

2016年11月10日 ,,

 

こんにちは。かないわ鍼灸整骨院の吉澤です。

 

最近めっきり寒くなってきましたね。 

寒い為寝起きが悪く、布団から中々出られない方も多いかと思います。

 090610105357

患者様の声としてこの時期冷え症を訴える方が多く

 

・朝起きられない

・シャキッとしない

・体が疲れやすい

 

等のお声を頂いております。

やはり、体温が上がらないとこのような症状が出やすくなります。

 

ということで本日は体温についてお話しさせて頂きます。

 

 体温って…??

 体温の定義は、身体が発する温度 と言われています。

 

平均体温はどのくらいなの~??と言うと

正常体温(いわゆる平熱)は人によって異っていて

日本人の平均は36.6℃~37.2℃と言われています。

37℃だと「うわ!!微熱がある~」と思う方が多いかと思われますが

実は37℃越えが平熱の人もいるのです。

 

例えば欧米人ですと、37.1℃~37.7℃が平均体温と言われていて

日本人より0.5℃平均して高いです。

理由は、欧米人の方が筋肉量が平均して多いことで

体内に熱をため込むことが出来るためです!!

冬なのに半袖の外国人の方が多いのはその為です。

 

37℃=微熱のイメージですが、実は世界的にみると平熱なのです!

では体温が高いことのメリットをあげていきましょう。

 

体温が高い事のメリット

 

37℃代が実は平熱かもしれない…!!

ということがご理解いただけたかと思いますので、平熱が高いメリットを4つ上げていきます!

 

免疫力向上

 

体温が1℃上がると免疫力が5~6倍に向上すると言われています。

免疫力を高めると風邪等の感染症にかかりにくくなる他、うつ病改善にも効果があります。

逆に体温が低いと血管の収縮により冷えやすくなり、癌などの重大な病気へとつながることもあります。 

 

基礎代謝向上

 

 基礎代謝は1日に必要なエネルギーの60%以上を占めていて、呼吸や体温調整などを行うための人間にとって欠かせないものです。

実際、体温が1℃違うと基礎代謝量が10~15%も変わります。

 

基礎代謝の10~15%と言うとおおよそ100~150k0calです。

実は100~150kcalというとご飯1膳分のカロリーに値します!!

体温を上げるだけでご飯1膳分のダイエットをしている事と同じ事がわかるかと思います。

 

ストレスに強いお身体に

 

人間の体はストレスを受けると細胞にダメージを受け、

ダメージを受けた細胞が修復されないでいると、自覚症状のある体の不調となって現れるようになります。

そこで体温が高いと血流が良いため、ダメージを受けた細胞にグルコースというエネルギーが供給されやすく、修復が早くなります。

そのため、体温が高いとストレスに強い体になれるといえるのです。

 

アンチエイジング効果

 

体温が高いと内臓の温度も適切に保たれ、本来の働きをしてくれるため美肌効果があります。

肌のトラブルが起きにくいだけでなく、お肌のターンオーバーも活性化されます。

 

 

少しお話しが長くなりましたが、大きく分類すると以上の4つが平均体温が

 

上がった時に起こるお身体の変化になります。

 

良いことだらけですよね…!!

 

しっかりお話しするとさらに長くなってしまうので

 

今回はその①と題し、ここまでにさせて頂きます。

 

次回はその②(具体的な体温の上げ方)についてお話しさせて頂きたいと思います(^^)

 

 

]]>

ページを閉じる

2019年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

お問い合わせ

最先端トップアスリートケア
2019年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最先端トップアスリートケア

ページトップへ戻る