「腱鞘炎」で手首が痛い!

こんにちは。

かないわ鍼灸整骨院の藤井です。

 GWの連休が明けて体の不調が出てしまう人も多い時期ですね。

 皆様はいかがお過ごしですか?

 

 GW中に運動をする方も多くいらっしゃったと思います。

今回は、「手首の腱鞘炎」についてご紹介します。

 

腱鞘炎

正式名称は「狭窄性腱鞘炎」といわれます。

テニスやゴルフなど手首を使う競技の選手が痛めやすいです。

また、近年はパソコンでの作業が長く、マウスやキーボードを長時間使用している方にも見られるようになりました。

腱鞘炎で多くみられるのは、手首や親指に炎症がおこる「ドケルバン病」といわれるものです。

 腱鞘炎2

 

原因は?

・長時間続けて使ってしまう

・同じ動作を繰り返す

・一部の関節への負担がかかりすぎる

 

 同じ動作を繰り返し行うことで、使っている腱に負担が集中し、炎症を引き起こしてしまいます。

 テニスやゴルフでは手首を返す動きもあり、その動作のやりすぎで痛めることも多いようです。

 腱鞘炎

※「腱」とは、骨と筋肉をつなげて筋肉を動かす働きをするもの。

※「腱鞘」とは、腱を覆っているもので、内部は滑液により満たされ、腱の滑りを滑らかにしている。

 

 症状は?

・腫れ

・熱感

・ラケットを振ると痛みがでる

・親指を動かすだけで手首が痛む

・手首を動かすと筋肉が突っ張るように痛む

・電気が走るような強い痛みがでる

・日常生活にも不自由がでる

(ドアノブをひねる、鞄を持つ、ペットボトルを開ける、雑巾を絞る、赤ちゃんを抱っこする など)

 

処置は?

まず、手首に痛みが出たらRICE処置を行いましょう。

 ※RICE処置についてはこちらをご参考下さい。

        ↓

https://www.kanaiwa-seikotsuin.com/?p=4613

特に熱感のある場合は、アイシングをしっかり行う事が重要です。

 

 テニス

 治療院での治療は、手首だけでなく、関連している肘や肩についても診ていきます。

さらに、筋肉をほぐしたり、痛みを緩和させる為にグローブ治療やインディバ治療を行う事もお勧めしています。

早く治療することで治りも早くなり、治療期間も短くその後のパフォーマンスも上がっていきます。

違和感を感じたら早めの受診をおススメします。

 

外傷でなければ保険診療ではありませんが、違和感があれば早めに治療していきましょう!

 

]]>

ページを閉じる

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

お問い合わせ

最先端トップアスリートケア
2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
最先端トップアスリートケア

ページトップへ戻る