怪我の治療

 

こんなことに悩んでいませんか?

・練習中にケガをしてしまった。
・試合に間に合わないかもしれない
・痛くてどうしたらいいのかわからない
・どこで治療を受けたらいいのかわからない
・骨折かもしれないけど、最初に整骨院に行っていいの?

上腕骨顆上骨折

かないわ鍼灸整骨院では、多くの症例を経験し、かつ、救急病院で研修を受けた先生が施術をしています。トレーナー活動において、ケガをした選手には、応急処置を施し、ケガの状態が悪くならないように対応しています。また、ケガをした選手をより早くフィールドに戻すために、先生たち自身が常に勉強をし、最善の施術とアドバイスで選手に還元しています。

 

かないわ鍼灸整骨院では、上記のような悩み、不安を解消することができます。どんなケガでもお気軽にご相談ください。

 

ケガをされた患者様が来院された際に、お伝えしていることがあります。

・スポーツをしていると、ケガはつきものである
・一度もケガをしないでスポーツをやれる方が珍しい
・ケガはチャンスの到来である
・健康保険を使っての施術を受けることができる

 

このことをお伝えすると、ケガがなぜチャンスなのか?!とよく聞かれます。確かに、ケガをしたことで練習ができなくなるかもしれません。試合のメンバーから外れるかもしれません。プレーにおいて、いい仕事ができなくなるかもしれません。その他色々とマイナスなことがあります。

 

しかし、やってしまったことは仕方がないことです。そのことで悩むのであれば、早くケガを治すためには何が必要なのか。ケガの間にできる練習は何か。むしろ、ケガの時にしかできない練習は何か。チームに貢献できることは何か。などと前向きなメンタルを持つ練習を繰り返すことで、メンタルトレーニングにもなります。スポーツをするうえで大事な一つにメンタルが入ってきます。なので、このメンタルを鍛える絶好の機会なのです。


また、手足をケガしているのであれば、体幹トレーニングをしっかり行うことができる機関とも考えられます。そのため、私は「ケガはチャンスである」とお伝えしています。かないわ鍼灸整骨院では、プロ選手も使用している超音波治療器や最新治療器、鍼灸治療を用いることで、患部の治癒能力を高めます。

骨折の包帯固定

骨折や脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどは包帯を巻くこともあります。重症の場合は、患部の安静を図るために、整形外科で扱っている固定材も使うこともあります。また、レントゲン撮影が必要と判断した場合は、専門医に紹介をしています。

 

急性期を抜けた場合で、試合に出なくてはいけないという状況もあるかと思います。症状を診て、行けるのか行けないのかの判断をし、細かい部分までその都度患者様と話し合います。もし出られると判断した場合は、テーピングを巻いて、試合に出てもらうこともあります。

 

骨折や手術後の患者様が、自分でリハビリをしなさい!と言われることが多々あります。私も骨折をしたことがあるのでわかるのですが、なかなか自分一人では痛くてリハビリできないんですよね。そんな時どうしたりいいのかわからないし不安になると思います。一人で悩まないで、かないわ鍼灸整骨院にご相談下さい。救急病院で多くの患者様にリハビリをさせていただいた経験を生かし、スタッフ教育を行っております。愛護的なリハビリを行いますが、薄皮をはがすように多少痛みを伴うリハビリもあります。その時の状態にもよるので、しっかりと説明をしてからリハビリを行います。

上腕骨顆上骨折

かないわ鍼灸整骨院では、患部の施術はもちろんのこと、ケガによって引き起こされる負担が掛かっている部分やかばう部分も一緒に施術を受けることができます。

 

早期治療が早期回復に繋がりますので、お早めにご相談ください。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ