スポーツ外傷・障害シリーズ! シーバー病

2018年3月31日 スポーツ障害, 治療

 

こんにちは!

かないわ鍼灸整骨院の徳澄です。

 

卒業式も終わり、もうすぐ新学期ですね!🌸

私も、1年前に大学を卒業し、

福岡から神奈川にでてきた頃を思い出しました (^_^)

1年は早いですね\(◎o◎)/!

 

さて今回は、最近患者さんに多い

踵骨骨端症(シーバー病)についてご紹介致します!

 

踵骨骨端症

 

病態

シーバー病は踵骨骨端症とも言われ、

安静時や運動時などに、踵付近に痛みが出ることが多いです。

 

8~12歳頃の子どもに多くみられる症状の為

成長痛と認識されることが多いようです。

 

原因

踵にはアキレス腱や足底筋膜がくっついています。

8~12歳の頃の踵は後ろ側が、まだ軟骨(柔らかい骨)の為

足のアーチがない、偏平足の場合、走るとき・ジャンプ動作時の

衝撃を上手く吸収できず、ふくらはぎに疲労がたまり

くらはぎの筋肉の端っこであるアキレス腱を引っ張ってしまい

痛みが出てきてしまいます。

「踵骨骨端症」の画像検索結果

 

症状

踵を押すと痛い

走ったりジャンプすると踵が痛い

日常生活にも支障が出る

アキレス腱やくるぶし、足の裏にも痛みが出る

 

など、重症度によって痛みが出る動作は異なります。

 

治療

お体の特徴・状態によってお体に合う治療は

異なりますのでいくつかご紹介させて頂きます。

 

①O2オイルマッサージ

 足裏から太ももにかけて、硬くなって張っている筋肉を

 オイルマッサージでほぐします。

 疲労物質である乳酸も一緒に流してくれる特殊なオイルなので

 疲労回復の促進も効果があります!

 

②外反母趾治療

 足湯に浸かり、筋肉を温めてほぐした後

 電気のグローブ治療でふくらはぎ~足先まで

 しっかりと動かしながらほぐしていきます。

 最後にアーチを作るようなテーピングを巻きます!

 

その他にも当院は沢山治療メニューがありますので

お体の状態をしっかり診てから状態にあった

治療メニューをご提案させて頂きます!

 

対策

①痛みが出ている場合は一度運動を中止し治療に専念しましょう!

②ご自宅で出来るケアとしては、当院の治療メニューにもあり

 販売も行っているO2オイルマッサージで足の裏~膝裏まで

 お風呂上りにマッサージをして、踵周辺の筋肉を柔らかくしましょう!

 

 

 

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

人気記事

  • オンライン予約