野球選手専門治療

 

野球の代表的なケガと言えば、投球による肩・肘の障害です。

 

このような悩みはありませんか?

・投球時に肩が痛い。
・投球時に腕の付け根、もしくは後ろ側が痛い
・肩甲骨の動きが少なくて、硬い
・遠くにボールを投げようとすると、痛みが走る
・投球時に肘がしっかりと伸びない
・投球時に肘が痛い

以上に当てはまるあなたは野球肩、野球肘になっています!

 

投球動作というのは、下半身・体幹・腕と体全体で生み出したエネルギーをボールに伝達する運動であるため、投球フォームの乱れや技術不足によって肩・肘に大きな負担をかけてしまうのです。また、これだけでなく、投げ過ぎや身体機能の低下なども痛める要因です。

その中でも特に多いのは、身体機能の低下による投球フォームの乱れです。身体機能というのは、投球フォームで片足立ちになる姿勢において、骨盤が後傾していないか、体幹が後ろに反っていないか、股関節の柔軟性があるか、股関節と体幹との連動性はしっかりできているか等を指しています。これらができていないと、無理な姿勢で投球をしてしまうことになり、肩、肘にストレスが集中し、痛みに繋がってしまうのです。このことが理解できないと、患部が治っても、再発につながってしまいます。

そのため、かないわ鍼灸整骨院では、患部の修復だけでなく、身体機能を併せて施術をする必要があると考えています。

 

●野球肩

投球動作で肩に痛みや違和感を伴い、思うようにボールを投げることができない状態のことであり、肩の病変の総称のことを言います。野球だけでなく、バレーボールのアタックやテニスのサーブなどでも同様の障害がおきます。その病変は、肩峰下滑液胞炎、腱板炎、腱板損傷、関節唇損傷、インピンジメント症候群など多彩です。それぞれ、症状も違いますし、痛みが出る場所も違います。

 

なぜ、かないわ鍼灸整骨院では、痛めた場所以外も診るのか?

それは、身体全体に原因があるからです。

かないわ鍼灸整骨院では、投球のどのポジションで痛みが発生するのか、各関節の可動域は正常か肩甲骨の対称性、筋肉の委縮などをチェックします。また、肩関節だけでなく、肘・前腕・手関節、股関節もチェックします。なぜなら、投球障害を持っている選手の特性として、肩関節以外の関節の運動制限、特に痛めた側の肘の運動制限、痛めていない側の股関節の運動制限が見られることがあるからです。

また、背中についている僧帽筋の筋力低下も見られることもあります。その場合は、肩甲骨の安定性も落ちているので、弱くなったインナーマッスルの筋力強化も必要です。

 

というように、股関節を含めた下半身、体幹の柔軟性・連動性、負担が掛かったことによる背骨・骨盤の歪みの改善も重要です。また、再発防止のために、ストレッチおよび体幹トレーニングも必要です。痛みや関節可動域の改善が認められて、初めて投球動作のチェックと投球指導の開始となります。

 

●野球肘

投球動作で肘に痛みや違和感を伴い、思うようにボールを投げることができない状態のことであり、肘の病変の総称のことを言います。肘の痛みの代表として、よく言われるのが、野球肘、テニス肘、ゴルフ肘です。野球肘は、肘関節の内側、または後方の痛みを主症状とし、テニス肘、ゴルフ肘は肘関節の外側、または後方の痛みを主症状とします。

野球肘は、投球時に肘関節に強い力が加わることで内側の靭帯が伸ばされ痛みが出現したり、外側のおいて離断性骨軟骨炎(関節ネズミの原因)等になってしまったものを言います。冒頭で述べたように、身体機能の低下による投球フォームの乱れがあるにもかかわらず、投球を重ねてしまうことにより肘関節にストレスが集中し痛みに繋がってしまうのです。前腕筋群の柔軟性の低下、手関節の可動域低下、肩の動きが悪い、下半身が安定していないということも原因の一つと考えられます。

 

そのため、かないわ鍼灸整骨院では、患部の修復だけでなく、身体機能を併せて施術をする必要があると考えています。関節内に剥離した骨折(関節ねずみ)などが疑いとしてあるときは、専門医に紹介させていただきますので、お気軽にご相談ください。

ケガを早く治し、ケガに負けない体づくりをしていきましょう!

 

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ