交通事故治療

なぜ、かないわ鍼灸整骨院には、交通事故に遭われた患者様がこんなに来院されるのか?

それは、信頼と安心と治療効果が実績No.1だからです!

そして、徹底的に患者様のサポートをしていくことを心がけ、行動に移しているからです!

 

もしあなたがこんな事で悩んでいるなら・・・

・むち打ち症でつらい
・肩や腰が重くなってしまった
・頭痛が治らない
・全身がだるい
・ぶつけた場所が痛い
・保険会社とのやり取りがどうしていいか分からない
・交通事故自体が初めてで、何の知識もない
・事故直後は何ともなかったのに、今になって痛みが出てきた

 

<かないわ鍼灸整骨院の交通事故治療の特徴>

 

特徴1 交通事故治療のプロフェッショナルが治療

かないわ鍼灸整骨院には、交通事故治療をするにあたって高度な専門知識と治療技術を兼ね備えた「交通事故治療のプロフェッショナル」が在籍しています。
また、背骨矯正や骨盤矯正など通常は保険対象外の施術もすべて無料で行います。短期間で健康体に戻れるように、かないわ鍼灸整骨院で考えられる最高のメニューを組み合わせたオリジナル治療を提供し、短期間で健康体になるように目指します。

 

特徴2 わずらわしい保険会社とのやり取りをサポート

初めての交通事故、保険会社さんとの対応、事故後の症状や示談、慰謝料についてなどなど…
みなさんは、不安や分からないことがたくさんあると思います。患者様と損害保険会社さんとの間に入って、やり取りをサポートします。治療だけでなく、精神的にも傷つくのが交通事故なので、アフターフォローにおいても、少しでもお役にたてるように患者様の立場に立って対応します。

 

特徴3 患者様からのご紹介数が満足度の証

かないわ鍼灸整骨院に通院している患者様から、紹介される患者様が半数以上を占めています。
交通事故治療の施術内容、サポートに満足され、ご紹介を頂いております。
患者様からご紹介をいただけることは、とてもありがたいことだと思っております。また、患者様のご紹介に応えるべく治療とサポートを妥協せず提供していることが、満足度に繋がっていると考えております。

 

なぜサポートを充実させているのか

それは、交通事故に遭ったことで精神的にはショックを受け、肉体的には本人が思っている以上の症状が残るからです。また、交通事故治療を受ければいいだけではなく、書類の対応をしなくてはいけないという大変な手続きがあるので、少しでも負担が楽になればと思っているからです。

そして、患者様が、安心して心と体のケアを受けられる環境を作ることで、早期治癒を一緒に達成していけると思っているからです。交通事故によって、悩まれている方を救うことが私たちの使命と思っています。どんな些細な小さなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

 

交通事故で悩まれている方!もう悩まないで大丈夫です!!

 

交通事故治療は、治療費が無料です!

加害者の方でも、窓口自己負担は0円です。(※一部例外あり)
多くの方が、「自分は加害者だから、治療に通うことができない…。」と我慢しています。
加害者の方でも治療が受けられるよう、交通事故専門治療院としてしっかりとサポートをさせていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

 

もし交通事故にあったら…まずは落ち着いて行動してください。頭などを打ったら、あまり動かないようにしてください。ケガの状況に応じて、病院への手配をしてもらいましょう。

 

 

☆心と体の安心ステップ☆

 

1. 負傷者の救護、道路から危険物の除去

◆負傷者がいる場合は、緊急を要する場合は救急車を呼び、自力で移動ができる軽いケガの場合でも加害者に付き添ってもらって病院へ行きましょう。
◆二次災害を防ぐために、事故車両を安全な場所へ移動させ、非常点滅灯などの停止表示機材を置きます。移動できない場合は、発煙筒などで後続車に事故があったことを知らせます。

 

◎応急救護のポイント!!

① 意識確認、安全な場所への移動

 

② 体位管理

→ 回復体位で、のどがふさがるのを防ぐ

 

③ 呼吸状態の観察、心肺蘇生

→ 気道の確保(頭部後屈あご先拳上法)
→ 心臓マッサージを1分間に100回の速さで行う
→ 意識が戻らなければ、AEDを使用する

 

④ 止血

→ 患部の圧迫だけで止血が困難な場合は、傷口より心臓に近い部分に止血帯を巻く、また周りの助けを借りた方が応急救護をスムーズに行えますので、早い段階で大きい声で周りに声をかけ、119番の指示をしてください。

 

2. 警察へ「人身事故」届けの連絡

・いつ
・どこで
・どのように
・誰が
・どうなったのか

(例)「 ●時▲分ごろ、本郷台の駅前で、私が停車しているところに後ろから追突されました。私の車の同乗者がケガをしました。車は移動できないで道路上にあります。」と、警察にご連絡してください。

 

3. 加害者の確認

携帯電話で写真を撮影するとより良いです。

◆事故車両 : 加害車両ナンバー、車種、色
◆住所    : 運転免許証に記載されている住所、氏名、本籍
◆連絡先   : 加害者の勤務先、連絡先の住所、氏名、電話番号
◆保険関係 : 車検証、自賠責保険証、任意保険の保険会社名、証明書番号など

 

4. 目撃者の確認、証拠の確保

後日争いになった際の証拠となります。

◆周囲に事故を目撃した方がいたら、その方の氏名、連絡先を聞いておく。
◆事故車両、事故状況がわかるように、携帯電話で写真を撮影しておく。

 

5. 自分の加入している保険会社へ連絡

保険内容によって、受けられる保証が変わりますので、事故状況を説明してください。

 

6. 医療機関への受診

大きいケガなら救急車で病院へ運ばれるのでいいのですが、目立ったケガがなくても、必ず整形外科を受診して下さい。精密検査を受け、診断書を発行してもらってください。

◎最重要ポイント!!
診察を受けないまま物損事故として警察に報告してしまうと、あとになって事故によるものとみられる身体の張りや痛み、しびれ、ダルさが出た場合、交通事故証明書を物損事故から人身事故に切り替える際に非常に手間がかかります。さらに、任意保険では、物損事故として処理したにもかかわらず、数日たってから後遺症が発症した場合には、その後遺症が事故が原因としたものであると証明できない限り、保険金の支払いを拒否されてしまいます。

 

7. 交通事故証明書をもらう

◆自賠責保険の請求に必要となります。
◆申請用紙は、警察署、交番、駐在所、などに置いてあります。また、自動車安全運転センターHP内からも申し込めます。
◆申請者の住所又は郵送希望宛先(通信欄に記入)へ郵送されます。

 

8. 加害者の保険会社の担当者に、かないわ鍼灸整骨院への通院希望の連絡を行う

電話で保険会社の担当者に、「かないわ鍼灸整骨院への通院を希望している」と伝えてください。
担当者より、かないわ鍼灸整骨院に施術依頼の連絡が入り、施術を受けることができます。

 

 

<交通事故施術の流れ>

 

1.かないわ鍼灸整骨院へご連絡ください。

交通事故後の施術を受けたいとおっしゃってください。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ

 

 

2.担当する保険会社へかないわ鍼灸整骨院で施術を受けたいと伝えてください。

保険会社より施術依頼の連絡がかないわ鍼灸整骨院に入り、施術開始となります。

 

3.かないわ鍼灸整骨院へご来院

気を付けてご来院ください。

 

4.問診表の記入

受付で交通事故施術専用のカウンセリングシートをお渡ししますので、ご記入ください。

 

5.問診および検査・状態のチェック

痛い箇所や状態を確認し、検査を行い、その結果と症状にあわせた施術内容をご提案いたします。

 

6.施術

かないわ鍼灸整骨院で考えられる最高の施術をいたします。

 

かないわ鍼灸整骨院ではひとりひとりの症状に合わせ、交通事故専門施術をおこなっており、電気施術や矯正、マッサージなどの手技施術を組み合わせたオリジナル施術を施します。
また、医師の同意のもと、鍼灸治療も行う場合もあります。

 

7.今後の説明

改善までの治療期間、通院間隔など、今後の施術計画についてお話します。
そのほか、日常生活上の注意点や、ストレッチやトレーニングなどもお伝えいたします。

 

8.お会計

交通事故の方の施術は、自賠責保険が適用されるため、無料にて受けられます。

(ただし例外があります。予めお問い合わせください)

 

9.次回の予約

改善までの期間、しっかりと継続治療ができるよう、優先的にご予約を入れていただきます。

 

10.サポートもばっちり

保険会社さんへの施術・症状の連絡や報告などはすべてかないわ鍼灸整骨院で行います。また、保険会社さんから直接ご連絡があり、不明点などがございましたら、交通事故専門治療院としてしっかりとサポートをさせていただきますのでお気軽におっしゃってください。

 

 

<かないわ鍼灸整骨院の交通事故施術>

かないわ鍼灸整骨院ではひとりひとりの症状に合わせ、交通事故専門施術をおこなっており、電気施術や矯正、マッサージなどの手技施術を組み合わせたオリジナル施術を施します。
また、医師の同意のもと、鍼灸治療も行う場合もあります。

 

手技療法

手技により、筋肉や筋の硬くなっている部分を丁寧にほぐしていきます。筋肉のはりが改善されることで、痛みが改善したり、動きがスムーズになります。施術者の手でほぐすので、患者様ひとりひとりに合ったマッサージの強さの調節が可能です。目安としては、「気持ちいい強さが身体にとっていい強さ」と思ってください。施術中でもマッサージの強い、弱いがありましたらお気軽におっしゃってください。

 

最新電気施術器による施術

最新電気施術器αPNFや、超音波施術器などにより、マッサージでは届かない深部の硬くなった筋肉をほぐし、痛みを改善します。

 

◎治療のポイント

人の手では届かない深部まで刺激が届くので、手技とあわせて電気施術を行うことにより早期改善が期待できます。

 

矯正

衝撃や耐えたことにより、ゆがんでしまった骨や筋肉を矯正によって正しい状態に戻す施術です。ゆがみを正すことで、関節がスムーズに動くようになり、だるさや痛みなどの症状が緩和され、改善されていきます。症状に応じて対応していきます。

 

鍼灸治療

なかなか改善しない神経痛や筋肉のはりが残った場合、鍼灸治療をお勧めしています。
(ただし、医師の同意を頂いた場合になります)

まずはお電話でご相談ください!

 

 

<交通事故による損害賠償について>

・交通事故によって損害を受けた被害者に対して、加害者はその損害の責任を負わなくてはいけません。
・被害者は事故と相当因果関係のある損害について、加害者に賠償請求できます。

①経済的な損害 : ケガの治療費関係、休業損害、自動車の修理費など

②精神的な損害 : 慰謝料

・損害保険会社が加害者に代わって上記の①,②を支払います。

 

 

<交通事故の損害を補償してくれる保険について>

①自賠責保険

②自動車保険

交通事故で対応できる保険には以上、2種類があります。

 

 

①自賠責保険について

法律で加入が義務付けられている強制保険です。

どんな時に自賠責保険を使える?

 

加害者と被害者の過失割合において、被害者側にも0.5でも過失割合があれば、加害者、被害者関係なく使えます。
しかし、自分の過失割合が7割以上ある場合は、補償金額は減額されます。

 

◎最重要ポイント!!

自賠責保険では、負傷した人を「被害者」、その相手側を「加害者」と呼び、双方がけがをした場合は、自分のケガに対しては被害者となり、相手側のケガに対しては加害者となります。そのため、自分が事故を起こし加害者となった場合でも、相手に過失が0.5でもあれば自賠責保険を使うことができるのです。

 

 

②自動車保険について

自賠責保険でカバーしきれない部分を補償してくれる任意保険です。
民間の損害保険会社によって、対人・対物賠償、自損事故、搭乗者傷害、車両など、補償する対象も商品ごとに様々です。
自分が入っている保険は何が手厚いのかを一度確認しましょう。わからないことは、契約した損害保険会社に問い合わせると詳しく説明してもらえます。

 

自賠責保険はどんな補償をしてくれる?

 

自賠責保険の補償内容

 

 

 





治療費 診察料、入院料、投薬科、手術料、柔道整復の費用など
通院交通費 自宅から病院(整骨院)までのタクシー代、電車代、バス代、自家用車ガソリン代
看護料 医師に看護が必要と判断された場合、または12歳以下の子どもに近親者が付き添った場合
諸雑費 入院中の諸雑費(寝具、洗面具、文房具等の購入費、通信費、新聞・雑誌代、お茶が足などの購入費等)
義肢等の費用 義肢、歯科補てつ、眼鏡、義眼、補聴器、松葉杖等の費用
診断書等の費用 診断書・診療報酬明細書などの発行手数料
休業補償 事故による障害のために発生した収入の減小(原則1日5,700~19,000円 × 治療期間)
文書料 交通事故証明書、被害者側の印鑑証明書、住民票
慰謝料 精神的・肉体的苦痛に対する補償(原則1日4,200円 × 通院日数)

 

以上の補償まで120万円を限度に補償してもらえます。治療費などの領収書は後程必要になりますので必ず保管しておいてください。また、補償金額総合計が120万円を1円でも超える場合は、任意保険が適応されます。

 

・相手に損害を与えてしまった → 人の場合は対人賠償保険・モノの場合は対物賠償保険
・自分の車に乗っている人が死傷してしまった → ・人身傷害保険
・搭乗者傷害保険
・自損事故保険
・無保険車障害保険

・自分の車が損害を受けてしまった → ・車両保険
・各保険会社独自の特約・サービス → ・弁護士費用特約
・レッカーサービス

 

わずらわしい手続き等、かないわ鍼灸整骨院がサポートいたしますので、お気軽にご相談下さい!!

 

<交通事故Q&A>

Q1.事故に遭いました。どうしたらいいですか?

まずはかないわ鍼灸整骨院へお電話ください!
045-893-9439

 

むちうち、腰痛、交通事故によるケガ、自賠責保険をつかった後遺症治療、骨折後のリハビリなど
お気軽にご相談下さい。

 

Q2.どのような施術になりますか?また、痛いですか?

手技療法、電気療法、鍼灸治療、矯正を組み合わせたオリジナル治療になります。
かないわ鍼灸整骨院では痛い施術は行いません。患者様が、施術を受けていて気持ちいいという感じを一つの目安にしております。

 

Q3.どういった症状の方が多く来院されますか?

一番多いのは、むちうちによる首の痛み、腰の痛みが大部分です。
次に多いのが、背中の痛み、肩の痛みです。
その他、身体がだるい、重い感じがするなどといった痛みではない症状です。
交通事故に遭った場合は、現在痛くなくても、後日症状が出てくることがありますので、ご来院を勧めています。

 

Q4.施術費はいくらになりますか?

交通事故の場合は自賠責保険適用となりますので自己負担金はありません。
加害者の場合でも無料で受けられる場合がありますので、ご相談ください。

※例外あり

 

Q5.施術を受けるための手続きはどのようにしたらいいですか?

特殊な手続きはありません。ご来院いただいた後、すぐに施術を受ける事ができます。
保険会社さんへのご連絡は、かないわ鍼灸整骨院で治療を受けた後でも構いません。
まずはかないわ鍼灸整骨院へご相談下さい。

 

Q6.保険会社が治療院を決めるのですか?

どこで施術を受けるかは、患者様ご本人が自由に決められます。
病院とかないわ鍼灸整骨院を併用することもできます。
かないわ鍼灸整骨院では、最低でも1ヶ月に1回は病院に通院することをお勧めしています。

 

Q7.現在別の病院(整骨院)で交通事故の施術を受けているのですが、かないわ鍼灸整骨院へ変更することは可能ですか?

はい。基本的には患者様に選ぶ権利がありますので、変更は可能です。実際に交通事故に遭われた方がかないわ鍼灸整骨院に変更されている方も多くいらっしゃいます。
また、保険会社さんとの話し合いが必要になりますので、保険会社さんにはかないわ鍼灸整骨院が説明させていただきます。

 

Q8.被害者に慰謝料が支払われますか?

はい。被害者様には一般的に1回の通院あたり、3000円~7000円の慰謝料が保険会社さんから支払われます。治療期間、症状によって変動します。
なお、病院と整骨院を同日通院した場合は、1日分として換算されます。

※例外もあります。

 

Q9.仕事を休んだのですが、給料補償はありますか?

はい。休業補償という補償があり、基本的には保険会社さんが支払います。

※例外もあります。

 

Q10.どれくらいの期間施術を受けられるのですか?

事故の大きさや痛めた状態にもよりますが3カ月~6カ月が目安です。
※例外もあります。

 

Q11.事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での施術取り扱いできますか?

基本的には取り扱いができますが、あまり時間が経過していると事故との因果関係がはっきりしなくなります。
そのため、痛くなくても違和感を感じた時点で、早めのご来院をお勧めします。
様々なケースがありますので、念のため保険会社さんにお問い合わせ下さい。

 

Q12.加害者が保険に加入していなかったらどうしたらいいですか?

基本的には、車を所有している人であれば、強制保険(自賠責保険)に入っています。
ただし任意保険に加入していない人はいます。
自賠責保険にも加入していない場合は、法律により罰せられ、すべての損害賠償を加害者に請求することになります。

※例外もあります。

 

Q13.調査結果に不満がある場合は、どうしたらいいですか?

加害者の加入する自賠責保険会社などに異議申し立てを行い、、自賠責保険(共済)審査会による再審査を請求しましょう。
ひき逃げされた場合や無保険車(自賠責保険の契約がない自動車)・盗難車による人身事故などで、加害者側から賠償を受け入れられない被害者の方は、政府保障事業に請求する事ができます。
政府保障事業への請求は、国土交通省が指定する「(財)自賠責保険・共済紛争処理機構」で受け付けています。

 

 

<むちうち症とは?>

後ろから追突されて起こることが多いですが、時に正面衝突や側面衝突でも発生することがあります。衝撃の際に、むちをしならせた動きをするということから名前が付きました。また、比較的低速度の追突事故でも発生することが知られています。
一般的にはむちうち症といいますが、傷病名としては、「頚部捻挫」といいます。

 

 

むちうち症の症状は?

痛みは事故直後から現れることが多いですが、翌日あるいは数日たってから現れることがあります。痛みは安静時にもありますが、動かしたときに強くなることも多くあります。特に、寝ようとした際、起き上がろうとした際に首に力が入ると痛みが強くなる方が多いです。また、肩こりや頭痛なども多くみられ、筋肉の緊張が強くなってしまうことによってさらに悪化してしまいます。
自律神経の症状として、吐き気やめまい、耳鳴りなどの症状も見られます。このよううな自律神経の症状は、事故直後から出現する方もいますが、治療が長引くにつれて、精神的ショック、ストレス、不安などから出現する方もいます。また、手指のしびれ、握力低下、集中力低下、物覚えが悪くなった方もいます。症状が重いものになると、ボタンが留められなくなったり、小銭がつかめなかったり、筋力低下、感覚障害、頻尿、歩行困難も出現してくることもあります。

 

むちうち症への施術

痛みや筋力低下、感覚障害に応じて、病院へ紹介し、MRIを撮ってもらうこともあります。
明らかな脊髄の障害がない場合は、電気治療、温熱治療、手技治療、背骨・骨盤矯正を組み合わせたオリジナル治療を施します。痛みが落ち着いてきましたら、マッサージを施し、硬くなった筋肉をほぐした後、ストレッチや筋力トレーニングを指導します。また、首、肩、腰のストレッチだけでなく、ウォーキングや全身運動を積極的に行うとよりいいです。
しかし、症状がなかなか取れず、めまいや耳鳴り、腕へのしびれなどの自律神経症状がある場合は、病院にて、神経節ブロック注射が効果的な場合があります。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ