ゴルフ専門治療

ゴルフにおいて、体幹の軸がどれだけしっかりするかでスコアにも変化が出てきます。体幹の軸を定めやすくしたり、疲労回復やゴルフ専門の痛みの治療も行ってます。

 

骨盤がぐらついたり、体幹の軸がズレれば、ボールはスライスしたりフックしたりしてしまいます。それは、クラブのヘッドがスイングプレーンに乗っていないことを意味するからです。スコアに満足いかない原因は、身体の使い方にあるのかもしれません。

 

あなたは、このような悩みを持ったゴルファーではないですか?

・腰が痛くて、身体が回らない。

・肩が痛くて、スイングがバラバラになる

・肘の内側が痛くて、球を打てない。

・パターを打つ姿勢が痛くてできない

・スコアに納得ができない

以上のことが当てはまる方は、身体をうまく使いきれていません。背骨・骨盤の歪み、筋肉の緊張、各関節の可動域の低下、体幹力の低下などが考えられます。

そのままにしておくと、身体をますます上手に使うことができなくなり、身体の不調は増えていくので、スコアも減っていかないことが予想できます。

 

かないわ鍼灸整骨院では、ゴルファーに特化した施術を提供しています。

動きが悪くなっている部分の筋肉・背骨に動きを出していき、歪みを取った後、骨盤の安定性向上、股関節の可動域拡大、および体幹トレーニング指導を行います。

 

ボールを打つ動きは、上半身を右回り、下半身を左回りに動かし、カップするまで繰り返し行いますね。肘関節、肩関節、背骨、股関節がしっかり動かなければ、他の部分で代償運動を起こしていることになります。トップからフォロースルーまでの間にその代償運動を修正するのは不可能です。なので、打つ前の状態で身体機能の低下が無いように、身体全体をしっかりと動かせることが最低限の状態だと思っています。

 

そのためには、日々セルフストレッチを行ったり、練習後にマッサージや歪みを治したり、身体に対するケアを意識することがスコアーアップに繋がると思います。

 

ゴルファーに多いのが、「腰痛」と「ゴルフ肘」です。

●腰痛症

腰痛が発生・増強する動作が前屈なのか、後屈なのか、回旋なのか、複合なのかで、腰椎の前弯や胸椎の動きや骨盤の歪みなどに違いが出てきます。また、骨盤から太もも周囲の柔軟性や筋緊張も関係あります。そして、股関節の動きも関係あります。

 

ただ「腰痛」と言っても、腰のみを施術すればいいのではなく、身体全体を見る必要があるのです。ゴルフの場合は股関節を軽く屈曲し、身体が前傾した状態で回旋していくので、背中の筋肉は緊張状態になっていなければ軸がぶれてしまいます。その緊張状態を続けるため、腰痛が起きやすいのです。スコアーアップのためには、腰痛が起きないようにすることが一番大事だと思います。では、どうしたらいいのか?

 

筋肉ほぐし + 背骨・骨盤の歪み治し

 

練習をすると身体が張ります。痛くはなくても、張っている状態で練習をしたり、ラウンドをしたりすると、以前の疲れや張りの上に溜まっていきます。これを続けていくと、痛みが出てきたり、奥深くの筋肉が硬くなり、動きが出なくなります。マッサージだけでは取れなくなります。その時は、鍼灸治療やオイルマッサージがとても有効です。また、股関節前面の筋肉も硬くなって負担が掛かっているので、動きがしっかり出るように緩める必要があります。

 

肩の動きが悪い方も同じです。肩だけでなく、肩甲骨周りの筋肉、背骨が硬くなることで、骨盤、下半身との連動が悪くなります。その状態で練習をしていても、うまくなるはずがありません。ゴルフの動きが、単一方向の動きなので、背骨も骨盤も歪んでしまっているので、それを治さない限り、いつまでたっても身体の状態はよくなっていきません。

 

●ゴルフ肘

長年ゴルフをされている方も、ついこないだやり始めたんです!という方でもなりえる、ゴルフ肘。

ゴルフ肘は、肘の内側の骨についている筋肉が何回も小さな外力で引っ張られて痛みを生じているスポーツ障害の一種になります。

ゴルフ肘

上の写真中に印してあります、ピンク色の×印に内側上顆という骨があり、そこから出ている数個の筋肉が繰り返し繰り返し伸縮を繰り返すことで痛めるのです。

 

そして、下の写真中に記してあります、ピンク色の斜線部分に痛みが出てきます。

ここは筋肉が硬くなり、痛みが増しますので、ドアノブを開けようと捻る動き、雑巾を絞る動き、片手で物を持ち上げるなどで痛みが増強します。

 

ただ肘を痛めているだけではなく、そこが痛くなる原因が他に合って肘を痛めていることが多いです。

 

例えば、肩が上手く上がらない、腰の回旋が軸中心で出来ていないなど、肘と離れた部分に原因がある事が多いです。あなたは、このように言われる心当たりはありませんか?

 

その負担が肩 → 肘 → 手首 といった部分まで広がって、たまたま肘で止まっているだけだと思います。

また、下半身の不安定感も、肘を痛める原因になります。と言いますのも、下半身が安定していなければ、打つ時の回旋もちゃんと回らない → 肩で頑張って打つ → 肘にも負担が加わるということです。

なので、肘だけの施術だけではだめなんです。もっと身体全体を見た施術が必要になるのです。

普段から、セルフストレッチと体幹トレーニングをすることで、骨盤と下半身、骨盤と上半身の連動性もさらに出てくるので、良いスコアが出せる状態が出来上がります。あとは、スイングですね。スイング理論(クォーター理論)は、桑田ティーチングプロが最優秀ティーチングアワードを頂いているので、そこで習得してください。理論にぶれがなく、安定した指導者に教わるのがスコアーアップの近道だと思います。

 

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ