その他のスポーツ治療

バドミントン、テニス、バレーボール、フィギュアスケート、新体操、バスケット、自転車、アメフト、卓球、空手、ボウリング、ロッククライミングなど、多くのスポーツ選手がかないわ鍼灸整骨院に通院しています。痛みのある部分と関連する部分、原因となっている部分や動きを説明し、施術をしています。競技特性もあるので、一人ひとり違う施術方法を提案します。

 

肘の周りに、このような症状の悩みありませんか?

・テニス・ゴルフ・卓球をしていて肘が痛い

・ラケットやクラブを握ると痛みが走る

・スポーツ後にタオルを絞るときに腕に力が入らない

上記のことが当てはまる方は、下記が疑われます。

 

●テニス肘・ゴルフ肘

テニスのようにラケットをもって行うスポーツ選手にみられる肘関節周辺の疾患の総称のことです。

テニス肘は、肘関節の外側周辺から手首にかけての筋肉の痛みを主症状とする場合と、上級者に多く見られる肘の内側周辺から手首にかけての筋肉の痛みを主症状とする場合があります。これは、前腕の筋肉の損傷や炎症、または微細な断裂と炎症、繊維化、編成が主な成因と考えられています。そのまま放置しておくと、なかなか痛みは引かないです。また、パフォーマンスも落ちますので、早期治療をお勧めいたします。

 

テニス肘・ゴルフ肘は、肩の柔軟性低下、背中の筋肉不足、背骨、骨盤の歪みが原因の一つとして考えられますので、患部の施術だけでなく、体幹の回旋、肩関節・肘関節・手関節の可動域も改善し、再発防止をしていきます。

 

痛みが強い場合は、患部の安静が重要なので、炎症症状を抑えるように電気療法や鍼灸治療、アイシングなどを施します。激しい痛みが治まってきたら、温浴後に電気療法、ストレッチやマッサージも追加して施していきます。

素振りでも痛みが出現しなくなってからは、ダンベルやチューブなどを用いて前腕の筋トレを行うといいです。

 

手首の周りに、このような症状の悩みありませんか?

・転倒して手をついたら、手首が動かない

・バレーボールをしていて指にボールがぶつかった

・バスケットをしていて、ボールをカットしたときに手首を捻った

・ラケットを持っていて、親指の付け根が痛くなった

上記のことが当てはまる方は、下記が疑われます。

 

●前腕骨骨折・手指関節捻挫手関節捻挫(TFCC損傷)腱鞘炎

どの部分が痛いのか、どうやって負傷したのか、どういう動作が痛いのかなどを詳細にお聞きします。明らかに変形や出血、腫れなどがある場合は、骨折や脱臼も疑われますので、応急処置後に専門医に紹介させていただくことがあります。

特に学生に多いのが、若木骨折と言われる、一見捻挫のように見えるのですが、骨に異常をきたしている骨折があります。鑑別がとても難しいので、ちょっと手をついただけだからと軽視せず、お気軽にご相談下さい。また、捻挫や腱鞘炎への施術には、超音波や最新機器を用いて患部の修復をかけます。

 

痛めたことにより、患部外にも負担が掛かるので、早期治癒をするために手指関節、手関節だけでなく、肘関節部や肩関節部、背部まで診ていきます。

お問い合わせ

お問い合わせ

お問い合わせ